あいぼ村ダイアリー 病気の対処法関連オススメ
超オススメ!最旬モテかわブランドアイテムから、グルメ、ダイエット、健康食品、雑貨などなど
プチプチショッピング
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ポチッとお願いします↓アップロードファイル

FC2ランキング
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
病気の対処法関連オススメ
先月、幼い頃からの友人から結婚すると連絡を受けました。
しかし、私は仕事の都合で式に参加する事が出来なかったので、友人夫婦に結婚祝いの電報を送りました。
その後日、無事結婚式を終えたと連絡を貰い、お互い休みの日に改めて結婚祝いを持ち、会いに行きました。
久しぶりに会った彼女は、以前会った時より更にきれいになっていました。
話を聞くと、結婚式に向けて健康や美容に気を遣って、サプリメント・美容室・エステに力を入れたのだそうです。
今でも変わっていく自分を見ていると楽しくなって、自分磨きを続け、特に力を入れているのが髪の手入れだとのことでした。
季節・用途に分けて使用するメーカーと手入れの方法を変えているようで、例えば彼女が使用しているシャンプーは、 美容室で取り扱っているコタの製品だそうです。
こちらのメーカーは、カラーリングで痛んだ髪にハリやコシを出すことで、ボリュームができ、美しいキューティクルが出来るのだと話していました。
ヘアースタイリング剤は、パッケージが可愛いと人気のあるモルトベーネを使用しているのだそうです。
パッケージだけでなく、髪の痛みにくい成分でセット力があるそうなので、私も使用してみたいなと思いました。
カラーリングは、ダメージによる髪のパサつきを改善し、カラーの持ちが良いと現在世間でも注目が集まっている3Dカラーをしているそうです。
彼女は、シャンプーなどをシュワルツコフの商品を使用していることから行きつけになった美容室で、 結婚式前にカットと大宮 カラーリングをしてきたらしいのですが、 この美容室に勤める方が最近気になる美容室があり、そこでの川越 カラーリングは、こちらと違った成分の3Dカラーが出来るので、 試しに一度行ってみたらと勧められたので、次のカラーリングはそこでしようと考えていると話していました。
行きつけの美容室では、よく美容情報を教えあったりしているらしく、彼女はその情報を元に色んな美容法を試しているのだそうです。
最近試しているのは、クーポンサイトのとびポンでも人気商品として紹介されている万田酵素なのだそうです。
万田酵素とは、赤ちゃんからお年寄りまで安心して召し上がれる健康に有用な植物発酵食品です。
生活習慣に不安がある、お酒を飲む機会が多い、他にも美容を保ちたい方にお勧めの商品だそうで、 とびポンでの万田酵素 口コミでも、肌の調子が良い、体が軽くなったと、効果は期待出来るもののようです。

美容についての話の後は旦那さんの話になりました。
彼女の旦那さんは、大阪の経済学部 大学卒業の方で、 現在も経済に関する職に就いているのだそうです。
彼女も同じ大学の経営学部 大阪に在籍していたのですが、 違う学部ということで始めはお互いを知らなかったそうです。
ですが、彼女と旦那さん共通の知り合いが同じ大学の大阪 商学部におり、 その方が友人夫婦を紹介した事から、段々会う機会が増え、結婚に至ったのだそうです。
結婚式の数週間後には旦那さんの誕生日があり、旦那さんが好きだというroarの洋服をプレゼントしたのだそうです。
旦那さんはすごく喜んでくれたそうで、そのお礼として来月に鹿児島県にある指宿温泉へ連れて行ってくれるのだと嬉しそうに話していました。
そんな友人夫婦は、お互いの両親の為に病気になっても瞬時対処出来るように医学書を読んでいるのだそうです。
彼女が特に気にかけている病気を少し教えて貰ったので、私も少し紹介したいと思います。
まず、10歳代から80歳代まで幅広く発症するパーキンソン病というものがあります。
このパーキンソン病の進行を遅らせる事が出来るパーキンソン病 治療方法は、色々な種類があります。
手術療法や食事療法の他、薬物治療などもありますが、最近では遺伝子治療や神経幹細胞による治療の研究が飛躍的に進歩しており、新薬も開発されているので、 近い将来これらの治療法が実現する可能性は大きく、大いに期待されているのだそうです。
次は、関節リウマチを紹介してくれました。
最近では、症状に応じた関節リウマチ 治療が行われるようになってきたので 重症に至る前に治療が可能となっているのだそうです。
治療によって関節リウマチの症状がなくなるケースが随分増えてきているのだそうで、その事に関する記事も友人に見せてもらいました。
その記事にはリウマチに関する治療法を始め、バイオリズムに沿った生活をする、適度な日光浴をする等の、 それを予防する為に気を付けるべき事が記載されておりました。
またその雑誌には脳梗塞 治療に関する記事も記載されており、 治療法は出血の起こった部位、大きさ、患者の年齢等々によって異なるのですが、脳梗塞の急性期の治療は、薬・点滴による内科的治療が中心なのだそうです。
この薬で症状が落ち着いてきたら、血の塊を取る手術をすることで、ある程度容態は安定してくるのだそうです。
それからはリハビリを始める事が出来るので、回復も早いのだと、友人は話していました。
脳梗塞は、発症してしまったら治療に専念するが大事ですが、まずは脳梗塞にならないような生活習慣をつける事が、第一に大切だと思います。
病状を発症する原因は、仕事上・生活上のストレスもあると思いますが、しかし第一の原因は、喫煙・飲酒・塩分の多い食べ物といった 不規則な生活習慣が脳梗塞を引き起こすと言われています。
脳梗塞を発症しない・発症後も、脂っこい料理、コレステロール・糖分などを過剰に摂取し過ぎないようにして水分をこまめに取る事が大事なのだそうです。
人は睡眠中も汗をかきます。
そうすると体内の水分が不足することによって、血液が固まりやすくなるので、寝る前にコップ1杯飲むのも効果があると記載されていました。
こういう記事を見ていると、治療の前に予防をしっかりとしていく事が大事だなと思いました。
病気は叔父・伯母の家計から遺伝するものもあるので、家系的にどんな病気にかかったのかお互いのご両親に聞いたりしているのだそうです。
彼女はそのことで最近気が付いたことがあり、それは自分の祖先について全く知らないことだっただそうです。
彼女の父親から何度か曾祖父と似ている部分があると聞いたりするうちに、「自分の先祖を調べてみたい」「家系を辿ってみたい」と思うようになったのだそうです。
それからは彼女のご両親に聞いたり戸籍を集めたりして、自分で作ってみたりしたのですが、 旦那さんに業者に家系図作成依頼してみてはと提案されてから、今その業者を探しているのだそうです。
私の両親も家計図の作成を業者に依頼していたのを思い出したので、彼女に教えてあげました。
私は家計図を作ることで、彼女の家族愛が深まると良いなと思いました。

友人宅から自宅に帰って、経済関係に詳しくなかった私は、インターネットで少し調べてみました。
友人夫婦が通っていた大学は、経済学部・総合経営学部の2つに分けられていました。
私は経済学は、少し堅いイメージを持っていましたが、この大学 経済学部では、 市場の適切な活用によって、人々の暮らしを向上させ、社会を豊かにさせることを目指す人物を求めるとあり、 経済学は、人々の為に尽くしていく大事なことなのだと分かりました。
総合経営学部のうちの1つ、彼女が在籍していた経営学科 大学は、 企業などの組織をマネジメントする能力を高める為の知識を学ぶとありました。
彼女の性格は、みんなの補助をする事を得意としていて、現在勤めている職場でもこの性格を有効に使えているようです。
この学科は彼女の性格を考えると、すごく彼女の良さを更に高めることが出来たのだと分かりました。
2つ目の商学部 大阪は、 消費者が何を望んでいるのかを考え、市場のニーズを読むマーケティング技術やヒット商品の開発プロセス、 流通の仕組みなどを解明し新たな市場を開拓する様々な方法を学ぶそうです。
この学校紹介を読んでいくと、スーパーやサービス業に勤めている方達の大変さや、私達消費者を考えて常に学んでいるのだなと知る事が出来ました。
社会人としてでなく、人として必要な知識を自然と身に付けて行ける事は素晴らしいですね。
スポンサーサイト

↓ポチッとお願いします↓アップロードファイル

FC2ランキング
【2011/05/22 06:58 】
その他
| ホーム |
デル株式会社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。